スケオタ&アニオタLife

フィギアスケートファンとアニメオタクの私が思いついたことをのんびり書きます〜♪始めたばかりですがよろしくお願いします🙏

3次元に2次元を召喚!!互角かも?!

 ユーリ!!! on ICE のキャラが残した数々の記録と, 現実世界のフィギアスケート選手 が残した国際スケート連盟(ISU)公認の記録を並べてみます。スケオタなのでどうしてもこういう視点からになってしまう……💦

 

では早速、やっていきましょう!

※総合得点の順位はSP+FSをしてパーソナルベストが出た点数でします

※作中でわかっているもののみ順位に反映

SP世界歴代最高得点

1位ユーリプリセツキー       【118.56】

2位ジャンジャックルロワ    【113.56】

3位羽生結弦                         【110.95】  

4位勝生勇利                         【109.97】

5位ハビエルフェルナンデス【104.25】

6位ネイサンチェン              【103.12】 

7位クリス                            【102.37】

8位宇野昌磨                         【100.28】

9位パトリックチャン           【99.76】

10位ボーヤンジン                【98.45】

 

 

 

こうして見ると、互角ですね!ヴィクトルの記録は113.57~118.55の間になりますね。

 

 羽生結弦選手が残した2014年のソチオリンピックで100点の壁を破って、大騒ぎになっていたのに、ユリオはそれをはるかに上回る記録を出していますね。これがシニアデビューGPF初だというのだから恐ろしい……^^;タノジャンプ(片手や両手を上げて飛ぶジャンプ)を飛ぶと、得点が上がるんですよね。ユーリは勝つために、GPFではほぼ全てにタノジャンプを入れていました。難しいのにすごい!

 

f:id:saho3251:20170326231429j:image

 

 

 

 

FS世界歴代最高得点

1位勝生勇利                         【221.58】

2位羽生結弦                         【219.48】

3位ハビエルフェルナンデス【216.41】

4位ジャンジャックルロワ    【213.91】 5位ネイサンチェン              【204.34】

6位パトリックチャン           【203.99】

7位ユーリプリセツキー       【200.97】

8位ピチットチュラノン       【199.01】

9位クリス                            【198.21】

10位宇野昌磨                      【195.69】

 

 

 

すごいです……(。・о・。) 200点前後 の点数だと、表彰台にすら手が届かないことになります。ここで上位に入る選手には特徴がありますね。

 羽生結弦選手のようにジャンプの構成を基礎点が1.1倍になる後半に難しいジャンプを持ってきています。

 しかも、ジャンプ直前までステップをしたり、カウンターからトリプルアクセルを跳んだりすると、得点が上がります。後方は、勇利がSPでカウンターからにトリプルアクセルを跳んでいました。

 これは、出来栄え点(GOE)の「ジャンプの入り方」で加点がつきます。

f:id:saho3251:20170326220751j:image

   ※日本スケート連盟評価規準より

 

 勝生勇利選手や羽生結弦選手よりも難易度が高く、単独での基礎点は上の選手はいますが、上位に入れるのは質が高くより極められ工夫されたジャンプを跳んでいるからなんですね。

 

 

 

総合世界歴代最高得点

1位ヴィクトルニキフォロフ【335.76】

2位羽生結弦                         【330.43】

3位ハビエルフェルナンデス【322.40】

4位ユーリプリセツキー       【319.53】

5位勝生勇利                         【319.41】

6位ネイサンチェン              【307.46】

7位クリス                            【301.46】

8位ジャンジャックルロワ   【300.62】

9位パトリックチャン          【295.27】

10位オタベックアルティン 【293.57】

 

 

さすがヴィクトル笑笑リビングレジェンドですね!勝生勇利選手やユーリプリセツキー選手がどちらとも完璧な演技をしたら抜かせたかも知れません。でもそこが難しいんでしょうね。いったいどこまで極めれば良いのやら……(^_^;)

 そして、総合でもヴィクトルについで、2位を獲得したのが羽生結弦選手ですね〜♪こちらも流石です。まさに異次元の点数ですね! 

 

 

 

まとめ

今回は順位を並べていきました。すると、現実の選手は2次元でも互角に戦えるということがわかりました!

 そして、改めてユーリ!!! on ICEのリアルさに感動しました。これでは、実際のスケート選手がハマるのも無理はありませんね。(某ロシア女王様etc..)

と共に、いくらでもこういうことが出来るんだと思いました。ホントにキリがない!これからもやっていきたいと思います♪

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました(*´∀`*)

 

 

広告を非表示にする